diffで改行コードを無視

表題の通り。メモである。

■ 環境

  • Linux

■ diff

`diff`を取ったらファイルの全行が対象となって出てきた…。改行コードが問題のようだな、とわかったものの改行コードを直したファイルを用意して再度`diff`を取るのも面倒である。と思っていたら`man`に下記のようなオプションの記載があった。

$ man diff
  :
       --strip-trailing-cr
              strip trailing carriage return on input
  :

このオプションを使って下記ファイルを試してみる。

$ file example1.xml example2.xml
example1.xml: exported SGML document, ASCII text, with CRLF line terminators
example2.xml: exported SGML document, ASCII text
$

上記オプションを実施してみたところ。

$ diff --strip-trailing-cr example1.xml example2.xml
42c42
< <ex id="11111" value="3">
---
> &ltex id="11111" value="13">
81c81
< <ex id="22222" value="9">
---
> <ex id="22222" value="12">
$

改行コード以外に2点の違いがあることがわかった。

以上。

■ 関連

diffで改行コードを無視(2)

RuleGroupって何だ?

表題の通り。ManagementConsoleと見比べてみてもよくわからなかった。

■ 環境

  • AWS WAF
  • awscli 1.15.70
  • macOS High Sierra

■ aws waf-regional help

`help`でサブコマンドの一覧を見ていて、”rule-group“ってなんだろう?となった。

$ aws waf-regional help

rule-group“を含むサブコマンドは下記があるようだ。

  • create-rule-group
  • delete-rule-group
  • get-rule-group
  • list-activated-rules-in-rule-group
  • list-rule-groups
  • list-subscribed-rule-groups
  • update-rule-group

なんだろう?と悩んでいたが、これはどうやらManagementRuleのことのようだ。まぁわかったからって何もないのだが…。一旦ManagementRuleは使用しないので無視で良いだろう。

以上。

WebACLが設定されているリソースの取得

AWS WAFにおいて表題を知りたい。

■ 環境

  • AWS WAF
  • awscli 1.15.70
  • macOS High Sierra

■ ManagementConsole

WAFの画面を確認すると、WebACLを選択した後の”Rules“タブにおける下の方に”AWS resources using this web ACL“がある。これを`aws`コマンドで取得したい。

■ aws waf-regionsl

下記のように取得することができる。必須パラメータは”–web-acl-id”なので、これは以前のエントリで取得する。

$ aws waf-regional list-resources-for-web-acl --web-acl-id XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX
{
    "ResourceArns": [
        "arn:aws:elasticloadbalancing:ap-northeast-1:XXXXXXXXXXXX:loadbalancer/app/example/XXXXXXXXXXXXXXXX"
    ]
}
$

これより、設定されている対象は”example“という名称の”ALB“であることがわかる。

以上。

■ 関連

WebACL IDの取得

WebACL IDの取得

AWS WAFにおいて表題の通り。AWS WAFを使い始めた。

■ 環境

  • AWS WAF
  • awscli 1.15.60
  • macOS High Sierra

■ list-web-acls

下記でWebACLの一覧を取得できる。その中で”WebACL ID“も取得ができる。

$ aws waf-regional list-web-acls
{
    "NextMarker": "XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX",
    "WebACLs": [
        {
            "WebACLId": "XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXX1",
            "Name": "example1"
        },
        {
            "WebACLId": "XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXX2",
            "Name": "example2"
        },
        {
            "WebACLId": "XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXX3",
            "Name": "example3"
        }
    ]
}
$

上記はALBに設定可能なWebACLの一覧である。また”region“は”ap-northeast-1“を設定ファイルで書いているので省略している。

■ get-web-acl

WebACL ID“がわからないと取得すらできないが…。

$ aws waf-regional get-web-acl --web-acl-id XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXX1
{
    "WebACL": {
        "WebACLId": "XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXX1",
        "Name": "example1",
        "MetricName": "example1",
        "DefaultAction": {
            "Type": "ALLOW"
        },
        "Rules": [
            {
  :

以上。

■ 関連

WebACLが設定されているリソースの取得

YouTubeで1.5倍速

表題の通り。知らなかったのでメモ。どうでも良いことだけど…。

■ 環境

  • YouTube
  • Google Chrome
  • macOS High Sierra

■ YouTube

AWSの各種セッション動画等を見たいのだが、通常の速度ではちょっと遅い。動画も大量にあるのでできれば短時間で見聞きしたい。

設定(右下歯車マーク) → 速度

ここから『1.25』『1.5』『2』が選択できた。これで捗る。

以上。

■ 関連

QuickTimeで1.5倍速再生