aws route53 get-hosted-zone

先日に続いて表題のコマンドについて。

■ 環境

  • awscli 1.14.50
  • Mac OSX El Capitan

■ route53 get-hosted-zone

Hosted zone“の詳細を取得する。`get-hosted-zone`には必須オプションで”–id“が必要であるので、先日の`list-hosted-zones`で得られるIDを用いる。

$ aws route53 list-hosted-zones
  :
$ aws route53 get-hosted-zone --id /hostedzone/XXXXXXXXXXXXXX
{
    "HostedZone": {
        "Id": "/hostedzone/XXXXXXXXXXXXXX",
        "Name": "withsin.com.",
        "CallerReference": "XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX",
        "Config": {
            "PrivateZone": false
        },
        "ResourceRecordSetCount": 12
    },
    "DelegationSet": {
        "NameServers": [
            "ns-XXX.awsdns-XX.net",
            "ns-XXX.awsdns-XX.org",
            "ns-XXX.awsdns-XX.com",
            "ns-XXX.awsdns-XX.co.uk"
        ]
    }
}

ここで得られた”NameServers“をドメインを取得した管理元に設定する。

以上。

■ 関連

aws route53 list-hosted-zones

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください