AmazonLinuxでJSTに固定

AmazonLinuxにおいて表題の通り。”glibc“のパッケージを”update“した際に”JST“にしておいた時間が”UTC“に戻ってしまっていた。

■ 環境

  • Amazon Linux

■ /etc/localtime

/etc/localtime“はいつも変更をしている。

$ sudo cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

これで”JST“に変わったと満足してしばらく放置してしまうことが多々ある。前述の通り”glibc“のパッケージを”update“した際に再度”UTC”に戻ってしまうという現象が発生する。

■ /etc/sysconfig/clock

このファイルも下記のように変更する。

$ cat /etc/sysconfig/clock
ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=true
$

後はおとなしく次の”update“を待つべし。

以上。