CentOS7でDockerのman

表題の通り。CentOS7に入れたDockerで、どういったファイルがインストールされたのかを確認していたら”/usr/share/man“配下にいろいろインストールされていたので確認してみる。

■ 環境

  • Docker 1.11.2
  • CentOS 7.2

■ Docker

下記のようにインストールしたDockerである。

$ sudo yum install docker-engine

docker-engine“パッケージでインストールされたファイルの一覧を確認。

$ rpm -ql docker-engine
/etc/udev/rules.d/80-docker.rules
/usr/bin/docker
  :
$

確認したところ、”/usr/share/man“配下に全サブコマンドのマニュアルがインストールされているようである。

$ man docker

マニュアルの各サブコマンドにも書かれていた。`docker run`のマニュアルは下記のように確認できる。

$ man docker run

各サブコマンド以外でも下記のマニュアルが存在するようである。

$ man Dockerfile
$ man config-json

以上。

■ 関連

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください