VPCのIPレンジ

AWSにおいて表題の件について、何か勘違いをしていたのでメモとして残しておく。

■ 環境

  • AWS

■ 勘違い

VPCのIPレンジは、VPCが異なっている場合には同じIPレンジでも構わない。

普通に考えればそうなのであるが、これを異なるIPレンジにしておかなければならないと思い込んでしまっていた。例えば下記のように。

  • VPC1: 10.0.16.0/24
  • VPC2: 10.0.20.0/24

ただし、VPC同士をピア接続で繋げる場合においては、IPレンジは異なるものを指定しておかなければならない。ピア接続を使用しないのが確定しているのであれば同じIPレンジでも構わない。

以上。

Posted in: VPC | Tagged:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください