稼働中のコンテナからファイルを取得

Dockerにおいて表題の通り。先日のエントリの逆を行う。

■ 環境

  • Docker 1.8.2

■ cp

稼働中のコンテナからファイルを取得するには`cp`コマンドを使う。

http://docs.docker.com/reference/commandline/cp/

実際に取得してみる。

まずは”jplock/zookeeper:3.4.6“のコンテナを起動する。

$ docker run -d jplock/zookeeper:3.4.6
a13767754ae95af4476cf2d38bfbe9e852d4424da684ef4ec8bcb8967d383c26
$
$ docker ps -a
CONTAINER ID        IMAGE                    COMMAND                  CREATED              STATUS              PORTS                          NAMES
a13767754ae9        jplock/zookeeper:3.4.6   "/opt/zookeeper/bin/z"   About a minute ago   Up About a minute   2181/tcp, 2888/tcp, 3888/tcp   elegant_colden
$

取得するファイルは”/opt/zookeeper/conf/zoo.cfg“。これをローカルのカレントディレクトリに取得する。

$ ls
$
$ docker cp a13767754ae9:/opt/zookeeper/conf/zoo.cfg .
$
$ ls
zoo.cfg
$

先日のエントリと合わせれば、コンテナとローカル間でファイルのやり取りが可能である。

以上。

■ 関連

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください