稼動している全てのVMの状態を取得

Vagrantにおいて表題の通りのコマンド。

■ 環境

  • Mac OSX (10.9.5)
  • Vagrant 1.7.4

■ global-status

以前『実践Vagrant』を読んだ時はプラグインであったが、自身が使うようになった頃には既にメインの機能として取り込まれていた。

ローカルマシン上で稼動している全てのVMの状態を取得することができる。

$ vagrant global-status
id       name    provider   state    directory
--------------------------------------------------------------------------------
89f2d82  core-01 virtualbox poweroff /Users/withsin/work/project1/tmp/coreos-vagrant
4190638  default virtualbox poweroff /Users/withsin/work/project1/tmp/vagrant-0625
216f3c3  default virtualbox saved    /Users/withsin/work/project1/tmp/docker
fcb027f  default virtualbox running  /Users/withsin/work/project2/project.vagrant

The above shows information about all known Vagrant environments
on this machine. This data is cached and may not be completely
up-to-date. To interact with any of the machines, you can go to
that directory and run Vagrant, or you can use the ID directly
with Vagrant commands from any directory. For example:
"vagrant destroy 1a2b3c4d"
$

状態だけでなく、どのディレクトリで起動しているのかもわかるので重宝している。また、”id“を引数に渡せば他のコマンドも受け付けてくれるので便利だ。

■ –prune

たまに”global-status“の結果と実際の状態とが異なっている場合がある。既に削除しているVMが残っていたり、状態が異なっていたり。そんな時は”–prune“を付けて実行すると、最新の状態になる。

$ vagrant global-status --prune

以上。

■ 関連

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください