RethinkDBのClientDriver(JavaScript)

表題の通り。先日インストールしたRethinkDBのClientDriverをインストールする。

■ 環境

  • RethinkDB 2.0.0
  • node v0.12.2
  • Mac OSX (10.9.5)

nodeは以前のエントリ『Homebrewでnodebrew』の通り、nodebrewで現時点での最新版をインストールした。

■ インストール

$ npm install rethinkdb
rethinkdb@2.0.0 node_modules/rethinkdb
└── bluebird@2.9.24

■ 動作確認

記載されているサンプルコードをそのまま使用してみる。

r = require('rethinkdb')
r.connect({ host: 'localhost', port: 28015 }, function(err, conn) {
  if(err) throw err;
  r.db('test').tableCreate('tv_shows').run(conn, function(err, res) {
    if(err) throw err;
    console.log(res);
    r.table('tv_shows').insert({ name: 'Star Trek TNG' }).run(conn, function(err, res)
    {
      if(err) throw err;
      console.log(res);
    });
  });
});

これをローカルに”rethinkdb.js“として保存した。

別途rethinkdbコマンドでサーバプロセスを起動し、下記のようにサンプルコードを実行する。

$ node rethinkdb.js
{ config_changes: [ { new_val: [Object], old_val: null } ],
  tables_created: 1 }
{ deleted: 0,
  errors: 0,
  generated_keys: [ '810104c1-ac45-4b7e-aeff-26d45db9db1d' ],
  inserted: 1,
  replaced: 0,
  skipped: 0,
  unchanged: 0 }

test“データベースに”tv_shows“テーブルを作成し、データを1件挿入する事ができたようである。

コンソールはそのまま返ってこなかった。ソースを見ると、データを挿入した後に特に”close“等の処理がないからであろう。”Ctrl-C“で中断させて終わらせた。

以上。

■ 関連

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください