CentOSにredisをインストール

表題の通り。3.0が”stable“になったので触ってみるべく、まずはCentOSにインストールする。

■ 環境

  • Redis 3.0.0
  • CentOS 6.4

■ コンパイル&インストール

まずは公式のドキュメントにある通り、単純にコンパイルだけを行い動作確認をしてみる。

$ wget http://download.redis.io/releases/redis-3.0.0.tar.gz
$ tar zxf redis-3.0.0.tar.gz
$ cd redis-3.0.0
$ make

コンパイルは正常に行えた。”README“を軽く読むと、インストール先は”/usr/local“配下であるようだ。make時に”PREFIX=/path/to“で変更する事も可能なようである。とりあえず”/usr/local“配下で問題ないのでインストールもしてしまう事にした。

$ sudo make install

■ 動作確認

とりあえずサーバが起動し、クライアントから接続が可能であるかだけを確認しておく。既に”/usr/local“配下にインストール済みなのでPATHも通っているはずである。Redisのサーバプロセスは、設定ファイルを使用しなければフォアグラウンドで起動するはずだったので、ターミナルを2つ用意して開始する。

$ redis-server
10946:C 10 Apr 19:05:35.590 # Warning: no config file specified, using the default config. In order to specify a config file use redis-server /path/to/redis.conf
                _._
           _.-``__ ''-._
      _.-``    `.  `_.  ''-._           Redis 3.0.0 (00000000/0) 64 bit
  .-`` .-```.  ```\/    _.,_ ''-._
 (    '      ,       .-`  | `,    )     Running in standalone mode
 |`-._`-...-` __...-.``-._|'` _.-'|     Port: 6379
 |    `-._   `._    /     _.-'    |     PID: 10946
  `-._    `-._  `-./  _.-'    _.-'
 |`-._`-._    `-.__.-'    _.-'_.-'|
 |    `-._`-._        _.-'_.-'    |           http://redis.io
  `-._    `-._`-.__.-'_.-'    _.-'
 |`-._`-._    `-.__.-'    _.-'_.-'|
 |    `-._`-._        _.-'_.-'    |
  `-._    `-._`-.__.-'_.-'    _.-'
      `-._    `-.__.-'    _.-'
          `-._        _.-'
              `-.__.-'

10946:M 10 Apr 19:05:35.593 # Server started, Redis version 3.0.0
  :

別の端末でクライアントも起動。

$ redis-cli
127.0.0.1:6379> set foo bar
OK
127.0.0.1:6379> get foo
"bar"
127.0.0.1:6379> quit
$

問題無さそうである。”3.0“から”cluster“関連も実装されたそうなので、今後はこれらを試していきたい。

以上。

■ 関連

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください