swapファイルを無効にする

`vim`において表題の通り。

■ 環境

  • Vim 7.3
  • Mac OSX El Capitan

■ noswapfile

~/.vimrc“に下記を追記する。

set noswapfile

swapファイル自体は、`vim`での編集中に強制的に終了されたりエラーが発生した場合等に、編集途中の状態でも復旧できる可能性がある、、というものである認識であるが、そもそもそういったことが起こったことがない。また頻繁に保存する習慣があれば特に必要を感じない。よって無効化することにした。

現状では不便を感じたことがない。

以上。

Posted in: Vim | Tagged:

画面端でのスクロールに余裕を持つ

Vimにおいて表題の通り。いまいち言葉にするのが難しい…。

■ 環境

  • Vim 7.3
  • Mac OSX El Capitan

■ scrolloff

`vim`で画面上下のスクロール時に、画面端にカーソルがあると次の行に何が表示されているのか見えずに「行きすぎた」ということが多々ある。画面上下のスクロール時に余裕を持ってスクロールさせる為にこの設定を入れている。

set scrolloff=5

上記設定を”~/.vimrc“に記載しておくと、画面端でのスクロールに5行分の余裕を持つようになる。

以上。

検索時のハイライト

Vimにおいて表題の通り。

■ 環境

  • Vim 7.3
  • Mac OSX El Capitan

■ Highlight

デフォルト設定では検索時のハイライトが入っていないようなので”~/.vimrc“に下記を追記した。

set hlsearch

また検索後にハイライトを解除したいので、”ESC“の2回押しでハイライトを解除するようにした。

nnoremap <ESC><ESC> :nohlsearch<CR>

これで自身的に少し使いやすくなった。

以上。

Posted in: Vim | Tagged:

vimで変換前に確認

表題の通り。知らなかったのでメモしておく。

■ 環境

  • vim 7.3
  • Mac OSX El Capitan

■ vim

一括置換ではなく、確認しつつ置換を行いたい。コマンドモードで下記のようにする。

:%s/置換前文字列/置換後文字列/gc

普段は”g“だけを追加して一括置換を行っていたのだが、”c“を付けることで置換前に確認を行える。

replace with 置換後文字列 (y/n/a/q/l/^E/^Y)?
  • y“: 置換を実行して次の一致する文字列に
  • n“: 置換を行わずに次の一致する文字列に
  • a“: 全てを置換
  • q“: 置換せずに終了
  • l“: 現在選択中の文字列のみ置換して終了。
  • ^E” (Macでは”Control + E”): 1行上にスクロール
  • ^Y” (Macでは”Control + Y”): 1行下にスクロール

以上。

vimでカーソル行に下線

表題の通り。

■ 環境

  • Mac OSX El Capitan
  • vim 7.3

■ 下線

カーソルのある行を目立たせる為に”~/.vimrc“に下記を追加する。

set cursorline

シンタックスでカラー表示されていても大丈夫。

以上。