/vagrantのマウントに失敗 – その2

表題の通り。また最近使っていて同じ現象(?)に当たったので、以前にも書いたのと似たようなものだけど書いておく。

■ 環境

  • Vagrant 1.9.1
  • Mac OSX El Capitan

■ bento/centos-6.7

CentOS 6“のVMを使いたくて下記boxを利用している。

Vagrant box bento/centos-6.7 | Atlas by HashiCorp
https://atlas.hashicorp.com/bento/boxes/centos-6.7

このboxを起動すると、いつも下記のような黄色いメッセージと最後に赤いメッセージで起動に失敗となってしまう。複数のVMを起動しようとしてるときは、最初のVMで失敗してしまうので後続が起動してくれない。

$ vagrant up centos67
  :
[cent67] GuestAdditions versions on your host (5.1.16) and guest (5.0.20) do not match.
  :
Installing Virtualbox Guest Additions 5.1.16 - guest version is 5.0.20
  :
Got different reports about installed GuestAdditions version:
Virtualbox on your host claims:   5.0.20
VBoxService inside the vm claims: 5.1.16
Going on, assuming VBoxService is correct...
Got different reports about installed GuestAdditions version:
Virtualbox on your host claims:   5.0.20
VBoxService inside the vm claims: 5.1.16
Going on, assuming VBoxService is correct...
Got different reports about installed GuestAdditions version:
Virtualbox on your host claims:   5.0.20
VBoxService inside the vm claims: 5.1.16
Going on, assuming VBoxService is correct...
Restarting VM to apply changes...
  :
Vagrant was unable to mount VirtualBox shared folders. This is usually
because the filesystem "vboxsf" is not available. This filesystem is
made available via the VirtualBox Guest Additions and kernel module.
Please verify that these guest additions are properly installed in the
guest. This is not a bug in Vagrant and is usually caused by a faulty
Vagrant box. For context, the command attempted was:

mount -t vboxsf -o uid=500,gid=500 vagrant /vagrant

The error output from the command was:

/sbin/mount.vboxsf: mounting failed with the error: No such device

$

/vagrant“はもちろんマウントできていない。VM側の”Guest Addition“が古いのが原因のようである。しかし”bento/centos-6.7“のversionはこれ以上新しいものはリリースされていない。

$ vagrant box list
bento/centos-6.7 (virtualbox, 2.2.7)
centos/7         (virtualbox, 1608.02)
ubuntu/trusty64  (virtualbox, 20170222.0.0)
ubuntu/xenial64  (virtualbox, 20170331.0.0)
$

状況を確認する。プラグイン。

$ vagrant plugin list
vagrant-share (1.1.6, system)
vagrant-vbguest (0.13.0)
$

vbguest“のプラグインが新しくなっていないか?と思い確認。

$ vagrant plugin update vagrant-vbguest
Updating plugins: vagrant-vbguest. This may take a few minutes...
All plugins are up to date.
$

`update`対象は無いようである。”vbguest“の状態を確認する。

$ vagrant vbguest cent67 --status
[cent67] No installation found.
$
$ vagrant vbguest cent67
[cent67] No installation found.
Loaded plugins: fastestmirror
Setting up Install Process
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.riken.jp
 * extras: mirror.qoxy.com
 * updates: mirror.vodien.com
No package kernel-devel-2.6.32-573.el6.x86_64 available.
Package gcc-4.4.7-18.el6.x86_64 already installed and latest version
Package binutils-2.20.51.0.2-5.47.el6_9.1.x86_64 already installed and latest version
Package 1:make-3.81-23.el6.x86_64 already installed and latest version
Package 4:perl-5.10.1-144.el6.x86_64 already installed and latest version
Package bzip2-1.0.5-7.el6_0.x86_64 already installed and latest version
Nothing to do
Copy iso file /Applications/VirtualBox.app/Contents/MacOS/VBoxGuestAdditions.iso into the box /tmp/VBoxGuestAdditions.iso
Installing Virtualbox Guest Additions 5.1.16 - guest version is unknown
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 5.1.16 Guest Additions for Linux...........
VirtualBox Guest Additions installer
Removing installed version 5.1.16 of VirtualBox Guest Additions...
vboxadd.sh: Stopping VirtualBox Additions.
Copying additional installer modules ...
Installing additional modules ...
vboxadd.sh: Building Guest Additions kernel modules.
Failed to set up service vboxadd, please check the log file
/var/log/VBoxGuestAdditions.log for details.

$
$ vagrant vbguest cent67 --status
[cent67] No installation found.
$

状況は変わらない。以前のエントリの通りログインして操作することにする。

$ vagrant ssh cent67
[vagrant@cent67 ~]$ sudo yum update

VMを再起動してみる。

$ vagrant reload cent67
  :
[cent67] No installation found.
  :
Installing Virtualbox Guest Additions 5.1.16 - guest version is unknown
  :
$

気になるメッセージはまた表示されているが、マウントはしてくれた。

一度起動して対応して…と、最初の起動時からは解決できていないので根本解決にはなっていないが仕方が無い。

以上。

■ 関連

VirtualBoxの/vagrantがマウントに失敗

ansible.cfg

Ansibleの表題のファイルについて。『初めてのAnsible』を読んで知ったことのメモ。

■ 環境

  • Ansible 2.2.1.0
  • Vagrant 1.9.1
  • Mac OSX El Capitan

■ ansible.cfg

Vagrantで稼働させているホストに対して、Ansibleで構築を行っている。以前は`ansible.cfg`の存在を知らなかったので下記のように手打ちでやっていたりした。

$ ansible-playbook -i hosts test.yml

現在は下記のように`ansible.cfg`を設定している。

[defaults]
inventory = hosts
remote_user = vagrant
private_key_file = ~/.vagrant.d/insecure_private_key
host_key_checking = False
retry_files_enabled = False

またVagrantfileには下記を設定している。

Vagrant.configure("2") do |config|
  :
  config.ssh.insert_key = false
  :
end

これで下記のようにアクセスすることができる。

$ ansible-playbook test.yml

`ansible.cfg`では、”inventory“を指定することによりコマンド実行時の`-i`オプションを省略することができる。『初めてのAnsible』では`hostfile`を使用するように記載されていたが、現在は”deprecated“のようなのでこちらの設定を使用するようにした。。また”remote_user“は”vagrant“ユーザをデフォルトで使うようにし、”private_key_file“は指定したファイルを使うようにしている。最近のVagrantはVM毎に異なる鍵が使われるようになっていたが`Vagrantfile`にて`config.ssh.insert_key`を”false“にすることで、このVagrantfileで起動したVMに関しては共通の鍵が使用されるようになっている。また”host_key_checking“を “False“にすることで、VMを何度再作成してもSSH接続時にエラーが起こらないようにしている。最後に”retry_files_enabled“は”False“にしている。失敗した場合はいつも最初から流すようにしているので、retryファイルはほとんど使用していない。邪魔に感じてしまうので作成されないようにしている。

これで随分と楽になった。知らないことは罪である。いや、公式のドキュメントを読まない事が罪である。

Vagrantのアップグレードとプラグイン

表題の通り。

■ 環境

  • Vagrant 1.8.5 -> 1.9.1
  • Mac OSX El Capitan

■ version

現状を確認したところ、下記のようにあったので`upgrade`した。

$ vagrant version
Installed Version: 1.8.5
Latest Version: 1.9.1

To upgrade to the latest version, visit the downloads page and
download and install the latest version of Vagrant from the URL
below:

https://www.vagrantup.com/downloads.html

If you're curious what changed in the latest release, view the
CHANGELOG below:

https://github.com/mitchellh/vagrant/blob/v1.9.1/CHANGELOG.md
$

■ plugin

`upgrade`終了後に再度確認してみたところ、下記のようにエラーが発生。

$ vagrant version
Vagrant failed to initialize at a very early stage:

The plugins failed to initialize correctly. This may be due to manual
modifications made within the Vagrant home directory. Vagrant can
attempt to automatically correct this issue by running:

  vagrant plugin repair

If Vagrant was recently updated, this error may be due to incompatible
versions of dependencies. To fix this problem please remove and re-install
all plugins. Vagrant can attempt to do this automatically by running:

  vagrant plugin expunge --reinstall

Error message given during initialization: Unable to resolve dependency: user requested 'vagrant-vbguest (> 0)'
$

使用しているプラグイン”vagrant-vbguest“が古いようである。表記されていたコマンドをそのまま実行した。

$ vagrant plugin expunge --reinstall

This command permanently deletes all currently installed user plugins. It
should only be used when a repair command is unable to properly fix the
system.

Continue? [Y/N]:Y

All user installed plugins have been removed from this Vagrant environment!

Vagrant will now attempt to reinstall user plugins that were removed.
Installing the 'vagrant-vbguest' plugin. This can take a few minutes...
Fetching: micromachine-2.0.0.gem (100%)
Fetching: vagrant-vbguest-0.13.0.gem (100%)
Installed the plugin 'vagrant-vbguest (0.13.0)'!
$

これで正常に使用できるようになったようである。

以上。

Vagrantfileを最小で初期化

表題の通り。知らなかったのでメモ。

■ 環境

  • Vagrant 1.8.5
  • Mac OSX El Capitan

■ vagrant init

最初に`Vagrantfile`を作成するときは、いつも下記のように実行していた。

$ vagrant init centos/7

その後、`Vagrantfile`の中身で不要なコメントを消して…と。この不要な設定例を毎回消しているのが面倒だなと思っていたのだが、どうやらこれを最初から出力させないようにできるらしい。

$ vagrant init -m centos/7

上記で作成された`Vagrantfile`は下記の通りである。

$ cat Vagrantfile
Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "centos/7"
end
$

こざっぱりした。

`-m`は`–minimal`の短い形式である。

以上。

VagrantでDocker Provisioner

表題の通り。今までにもそういった環境は何度も試していたのだが、設定でちょっと気になるものを知ったので試してみる。

■ 環境

  • CentOS 7
  • Vagrant 1.8.4
  • Mac OSX El Capitan

■ Vagrant

下記のVagrantfileで`vagrant up`している。

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "centos/7"
end

このまま起動した時点ではもちろんDockerが動いているはずがない。

$ vagrant ssh
Last login: Thu Jul 21 10:12:16 2016 from 10.0.2.2
[vagrant@localhost ~]$ which docker
/usr/bin/which: no docker in (/usr/local/bin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/home/vagrant/.local/bin:/home/vagrant/bin)
[vagrant@localhost ~]$
[vagrant@localhost ~]$ ps -ef | grep docker
vagrant   1442  1422  0 10:12 pts/0    00:00:00 grep --color=auto docker
[vagrant@localhost ~]$

続いて下記のようにVagrantfileに追記する。

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "centos/7"
  config.vm.provision "docker"
end

これは下記ドキュメントにあった。

Docker Provisioner
https://www.vagrantup.com/docs/provisioning/docker.html

VMに対して`provision`を実行する。

$ vagrant provision
==> default: Running provisioner: docker...
    default: Installing Docker onto machine...
$

動作しているか確認。

$ vagrant ssh
Last login: Thu Jul 21 10:22:24 2016 from 10.0.2.2
[vagrant@localhost ~]$ which docker
/usr/bin/docker
[vagrant@localhost ~]$
[vagrant@localhost ~]$ ps -ef | grep docker
root      2350     1  0 10:22 ?        00:00:00 /usr/bin/docker daemon -H fd://
root      2353  2350  0 10:22 ?        00:00:00 docker-containerd -l /var/run/docker/libcontainerd/docker-containerd.sock --runtime docker-runc --start-timeout 2m
vagrant   2900  2878  0 10:23 pts/0    00:00:00 grep --color=auto docker
[vagrant@localhost ~]$
[vagrant@localhost ~]$ docker info
Containers: 0
 Running: 0
 Paused: 0
 Stopped: 0
Images: 0
Server Version: 1.11.2
Storage Driver: devicemapper
 Pool Name: docker-253:0-525826-pool
 Pool Blocksize: 65.54 kB
 Base Device Size: 10.74 GB
 Backing Filesystem: xfs
 Data file: /dev/loop0
 Metadata file: /dev/loop1
 Data Space Used: 11.8 MB
 Data Space Total: 107.4 GB
 Data Space Available: 38.38 GB
 Metadata Space Used: 581.6 kB
 Metadata Space Total: 2.147 GB
 Metadata Space Available: 2.147 GB
 Udev Sync Supported: true
 Deferred Removal Enabled: false
 Deferred Deletion Enabled: false
 Deferred Deleted Device Count: 0
 Data loop file: /var/lib/docker/devicemapper/devicemapper/data
 WARNING: Usage of loopback devices is strongly discouraged for production use. Either use `--storage-opt dm.thinpooldev` or use `--storage-opt dm.no_warn_on_loop_devices=true` to suppress this warning.
 Metadata loop file: /var/lib/docker/devicemapper/devicemapper/metadata
 Library Version: 1.02.107-RHEL7 (2016-06-09)
Logging Driver: json-file
Cgroup Driver: cgroupfs
Plugins:
 Volume: local
 Network: null host bridge
Kernel Version: 3.10.0-327.22.2.el7.x86_64
Operating System: CentOS Linux 7 (Core)
OSType: linux
Architecture: x86_64
CPUs: 1
Total Memory: 489 MiB
Name: localhost.localdomain
ID: 4E6P:5GS2:6A5R:JBF7:4IIJ:RYGN:WUE2:2ND2:V2KS:D2CL:FWCG:FTT7
Docker Root Dir: /var/lib/docker
Debug mode (client): false
Debug mode (server): false
Registry: https://index.docker.io/v1/
WARNING: bridge-nf-call-iptables is disabled
WARNING: bridge-nf-call-ip6tables is disabled
[vagrant@localhost ~]$

なるほど。自身でわざわざインストールする必要がないのか。これは確かに便利そうである。が、Docker for Macや`docker-machine`でほとんど十分であろう。その他の実験的な環境を作る時には重宝しそうなので覚えておくことにしよう。

以上。

■ 関連