PHPのversionをWEBサーバに記載しない

表題の通り。先日の続き。PHPのversionは出したくないのでこれも消したい。

■ 環境

  • PHP 7.0.14
  • Apache 2.4.25
  • Amazon Linux

■ 現状

$ curl -I https://www.example.com/
HTTP/1.1 200 OK
Date: Wed, 08 Feb 2017 10:15:44 GMT
Server: Apache
X-Powered-By: PHP/7.0.14
  :

先日はここで終わった。この”X-Powered-By: PHP/7.0.14“も消したい。調べてみると、httpd側の設定ではなくPHP側の設定のようである。

■ /etc/php.ini

設定ファイルを編集する。

$ sudo vi /etc/php.ini

設定内容は下記の通りである。

expose_php = Off

デフォルトでは”On“になっていたので”Off“にする。これで再度アクセスしてみると下記のようになった。

$ curl -I https://www.example.com/
HTTP/1.1 200 OK
Date: Thu, 09 Feb 2017 10:22:19 GMT
Server: Apache
  :

満足である。

以上。

■ 関連

AmazonLinuxでapache2.4とPHP

表題の通りの環境を構築する。単なるメモ。

■ 環境

  • PHP 5.5
  • Apache 2.4
  • Amazon Linux

■ Install

AmazonLinuxではApache 2.4のパッケージが”httpd24“で提供されている。これに合わせてPHPを入れたいのだが、通常のPHPでは”httpd-tools“のパッケージに依存しており、こちらは”Apache 2.2“である。なのでPHPもversionを指定してインストールする。

$ sudo yum install php55 httpd24

この組み合わせででインストールが可能である。

以上。