nginxでSSI

表題の通り。Server Side Include (SSI)を試してみる。

■ 環境

  • nginx 1.11.5
  • Docker 1.12.1
  • Mac OSX El Capitan

■ SSI

単純にファイルをincludeしたりしたい。がPHPだのrubyだのでテンプレートを、、というのは面倒なのでSSIで対応する。

Module ngx_http_ssi_module
https://nginx.org/en/docs/http/ngx_http_ssi_module.html

設定ファイル(default.conf)は下記のようにした。

  1 server {
  2     listen       80;
  3     server_name  localhost;
  4     ssi on;
  :

これを反映させる。nginxはDockerで動かしている。

$ docker run -d --name nginx -v `pwd`:/usr/share/nginx/html:ro -v `pwd`/default.conf:/etc/nginx/conf.d/default.conf -p 10080:80 nginx

ここから本題のHTMLである。

2つのファイルを用意した。`include`する側のHTMLファイルと、`include`される側のHTMLファイルである。

`include`する側。

$ cat test.html
<!--#include virtual="/test2.html" -->
<div class="contents">ここはトップページです。(index.html)</div>
$

`include`される側。

$ cat test2.html
<!-- test2.html -->
<div class="header">ahahahaha</div>
<!-- test2.html --> 
$

実際にブラウザでアクセスすると`include`されているのがわかるであろう。ここでは`curl`で取得してみる。

$ curl localhost:10080/test.html
<!-- test2.html -->
<div class="header">ahahahaha</div>
<!-- test2.html -->
<div class="contents">ここはトップページです。(index.html)</div>
$

性能としてはどの程度になるのであろうか?いずれ計測してみよう。

以上。

■ 関連

nginx@Dockerで設定ファイルを変更

表題の通り。先日のnginxのコンテナに対して設定を変えて実験したい。

■ 環境

  • nginx 1.11.5
  • Docker 1.12.1
  • Mac OSX El Capitan

■ nginx@Docker

まずは設定ファイルを取得したいので一度上げてみる。

$ docker run -d --name nginx -p 10080:80 nginx

続いてこのコンテナから設定ファイルを取得する。

$ docker cp nginx:/etc/nginx/nginx.conf .

設定ファイルを取得できたので中身を確認して編集する。編集した設定ファイルを使ってnginx@Dockerを実行するには下記。事前に起動済みの”nginx“は一度停止して削除しておく。

docker run -d --name nginx -p 10080:80 -v `pwd`/default.conf:/etc/nginx/conf.d/default.conf nginx

これでローカルで編集したファイルの設定内容が反映されているはずである。

以上。

■ 関連

nginx@Docker

表題の通り。nginxの設定を少し試したくて、とりあえずDockerでnginxを動かしてみる。

■ 環境

  • nginx 1.11.5
  • Docker 1.12.1
  • Mac OSX El Capitan

■ nginx

nginxコンテナの取得。

$ docker pull nginx

下記URLも確認したが、”latest“タグが付いているコンテナイメージは現時点での最新である”1.11.5“のようである。

https://hub.docker.com/_/nginx/

とりあえず起動してみる。

$ docker run --name nginx -d -p 10080:80 nginx

http://localhost:10080/“にアクセスして確認する。とりあえず”Welcome to nginx!“の画面が表示されたので問題なさそうである。

当初は”-p 10080:80“を付けずに実行したが、それではブラウザで画面を確認することができないなと思い、次に”-p 80:80“で起動してみたが、これだとMac側の制限かアクセスがタイムアウトするのでこのようにした。

以上。

■ 関連

nginxコンテナのDockerfile

表題の通り。

■ 環境

  • nginx
  • Docker for Mac 1.12.0-a
  • Mac OSX El Capitan

■ Dockerfile

nginxがどのようにコンパイル等されているのかと思ってDockerfileを確認しようと思った。

nginx – DockerHub
https://hub.docker.com/r/library/nginx/

ここから現状の”latest“リンクから確認すると、`apt−get`でパッケージをインストールしている。

  • nginx
  • nginx-module-geoip
  • nginx-module-image-filter
  • nginx-module-njs
  • nginx-module-perl
  • nginx-module-xslt

これらがインストールされていた。これだと先日のコンパイルオプションを変えたいなとなると、そう簡単にはいかない。。

ちなみに”alpine“のDockerfileを確認すると、Alpineのパッケージには存在しないのであろう、ソースコンパイルを行っていた。`configure`のオプションは下記のようである。

--prefix=/etc/nginx \
--sbin-path=/usr/sbin/nginx \
--modules-path=/usr/lib/nginx/modules \
--conf-path=/etc/nginx/nginx.conf \
--error-log-path=/var/log/nginx/error.log \
--http-log-path=/var/log/nginx/access.log \
--pid-path=/var/run/nginx.pid \
--lock-path=/var/run/nginx.lock \
--http-client-body-temp-path=/var/cache/nginx/client_temp \
--http-proxy-temp-path=/var/cache/nginx/proxy_temp \
--http-fastcgi-temp-path=/var/cache/nginx/fastcgi_temp \
--http-uwsgi-temp-path=/var/cache/nginx/uwsgi_temp \
--http-scgi-temp-path=/var/cache/nginx/scgi_temp \
--user=nginx \
--group=nginx \
--with-http_ssl_module \
--with-http_realip_module \
--with-http_addition_module \
--with-http_sub_module \
--with-http_dav_module \
--with-http_flv_module \
--with-http_mp4_module \
--with-http_gunzip_module \
--with-http_gzip_static_module \
--with-http_random_index_module \
--with-http_secure_link_module \
--with-http_stub_status_module \
--with-http_auth_request_module \
--with-http_xslt_module=dynamic \
--with-http_image_filter_module=dynamic \
--with-http_geoip_module=dynamic \
--with-http_perl_module=dynamic \
--with-threads \
--with-stream \
--with-stream_ssl_module \
--with-stream_geoip_module=dynamic \
--with-http_slice_module \
--with-mail \
--with-mail_ssl_module \
--with-file-aio \
--with-http_v2_module \
--with-ipv6 \

先日のものと少しオプションが違うようだ。

以上。

■ 関連

nginxコンテナのconfigureオプション

Dockerのコンテナにおいて表題の通り。nginxを触っていて、Dockerで公式に公開されているnginxのconfigureオプションはどうなっているのか?を調べてみた。

■ 環境

  • nginx
  • Docker for Mac 1.12.0
  • Mac OSX El Capitan

■ nginx

まずはnginxのコンテナを取得する。

$ docker pull nginx

コンテナを起動。

$ docker images
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
nginx               latest              0d409d33b27e        11 weeks ago        182.8 MB
  :
$
$ docker run -ti --rm nginx /bin/bash
root@71abd441e30f:/#

あとはコマンドで取得が可能である。

root@71abd441e30f:/# which nginx
/usr/sbin/nginx
root@71abd441e30f:/#
root@71abd441e30f:/# nginx -V
nginx version: nginx/1.11.1
built by gcc 4.9.2 (Debian 4.9.2-10)
built with OpenSSL 1.0.1k 8 Jan 2015
TLS SNI support enabled
configure arguments: \
  --prefix=/etc/nginx \
  --sbin-path=/usr/sbin/nginx \
  --modules-path=/usr/lib/nginx/modules \
  --conf-path=/etc/nginx/nginx.conf \
  --error-log-path=/var/log/nginx/error.log \
  --http-log-path=/var/log/nginx/access.log \
  --pid-path=/var/run/nginx.pid \
  --lock-path=/var/run/nginx.lock \
  --http-client-body-temp-path=/var/cache/nginx/client_temp \
  --http-proxy-temp-path=/var/cache/nginx/proxy_temp \
  --http-fastcgi-temp-path=/var/cache/nginx/fastcgi_temp \
  --http-uwsgi-temp-path=/var/cache/nginx/uwsgi_temp \
  --http-scgi-temp-path=/var/cache/nginx/scgi_temp \
  --user=nginx \
  --group=nginx \
  --with-http_ssl_module \
  --with-http_realip_module \
  --with-http_addition_module \
  --with-http_sub_module \
  --with-http_dav_module \
  --with-http_flv_module \
  --with-http_mp4_module \
  --with-http_gunzip_module \
  --with-http_gzip_static_module \
  --with-http_random_index_module \
  --with-http_secure_link_module \
  --with-http_stub_status_module \
  --with-http_auth_request_module \
  --with-http_xslt_module=dynamic \
  --with-http_image_filter_module=dynamic \
  --with-http_geoip_module=dynamic \
  --with-http_perl_module=dynamic \
  --add-dynamic-module=debian/extra/njs-1c50334fbea6/nginx \
  --with-threads \
  --with-stream \
  --with-stream_ssl_module \
  --with-http_slice_module \
  --with-mail \
  --with-mail_ssl_module \
  --with-file-aio \
  --with-ipv6 \
  --with-http_v2_module \
  --with-cc-opt='-g -O2 -fstack-protector-strong -Wformat -Werror=format-security -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2' \
  --with-ld-opt='-Wl,-z,relro -Wl,--as-needed'
root@71abd441e30f:/#

上記の表示は少々見やすくする為に手を加えている。

以上。

■ 関連