timedatectl

表題のコマンドを使う機会があったのでメモ。

■ 環境

  • Ubuntu 16.04

■ timedatectl

そういえば、最近は”/etc/localtime“を置き換えるわけではないんだっけ、と思いやってみた。

$ timedatectl
      Local time: Thu 2017-08-17 10:15:18 UTC
  Universal time: Thu 2017-08-17 10:15:18 UTC
        RTC time: Thu 2017-08-17 10:15:17
       Time zone: Etc/UTC (UTC, +0000)
 Network time on: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: yes

Warning: The system is configured to read the RTC time in the local time zone.
         This mode can not be fully supported. It will create various problems
         with time zone changes and daylight saving time adjustments. The RTC
         time is never updated, it relies on external facilities to maintain it.
         If at all possible, use RTC in UTC by calling
         'timedatectl set-local-rtc 0'.

現状は”UTC“の時間が返却される。設定するときには”timezone“の名称が必要なようなので、まずは一覧を得る。

$ timedatectl list-timezones
Africa/Abidjan
Africa/Accra
  :
Asia/Tokyo
  :
$

Asia/Tokyo“という文字列を発見したのでこれを設定する。

$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

再度確認する。

$ timedatectl
      Local time: Thu 2017-08-17 19:18:28 UTC
  Universal time: Thu 2017-08-17 10:18:28 UTC
        RTC time: Thu 2017-08-17 19:18:27
       Time zone: Etc/UTC (UTC, +0000)
 Network time on: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: yes

Warning: The system is configured to read the RTC time in the local time zone.
         This mode can not be fully supported. It will create various problems
         with time zone changes and daylight saving time adjustments. The RTC
         time is never updated, it relies on external facilities to maintain it.
         If at all possible, use RTC in UTC by calling
         'timedatectl set-local-rtc 0'.

また、`date`コマンドでも変わっていることを確認。

$ date
Thu Aug 17 19:18:28 JST 2017
$

以上。

使用可能なディレクティブ一覧

Apache httpdにおいて表題の件。知らなかったのでメモしておく。

■ 環境

  • Apache httpd 2.4.27
  • Amazon Linux

■ -L

ヘルプを見ていて気がついた下記のオプション。

$ httpd -h
  :
  -L                 : list available configuration directives
  :
$

試しにやってみた。

$ httpd -L
<Directory (core.c)
    Container for directives affecting resources located in the specified directories
    Allowed in *.conf only outside <Directory>, <Files>, <Location>, or <If>
  :
SecHashParam (mod_security2.c)
    Set Hash parameter
    Allowed in *.conf anywhere
$

ズラズラと大量にディレクティブが表示されたが、どのモジュールで使用可能になっているのかも一緒に表示してくれている。

この環境はModSecurityもインストールしているので、”mod_security2.c“も含まれた形になっていた。

以上。

centos/6 on Vagrant

Vagrantにおいて表題のboxがいつの間にか存在していたようだ。

■ 環境

  • Vagrant 1.9.7
  • Mac OSX El Capitan

■ vagrant

以前は、公式のboxは7系しかないと思っていたのだが、現在は6系も公式で配布されているようだ。

Vagrant box centos/6 – Vagrant Cloud
https://app.vagrantup.com/centos/boxes/6

$ vagrant box add centos/6

一覧。

$ vagrant box list
bento/centos-6.7 (virtualbox, 2.2.7)
centos/6         (virtualbox, 1707.01)
centos/7         (virtualbox, 1707.01)
  :
$

今まではDownload数が多いboxを利用させてもらっていたのだが、今後6系を使う時はこれを使用するようにしていこう。

以上。

■ 関連

upgradeしたらエラー

ModSecurity requires mod_unique_id to be installed.

ModSecurityを入れた環境で、表題のエラーが出ていた。

■ 環境

  • ModSecurity 2.9.2
  • Apache httpd 2.4.27
  • Amazon Linux

■ error_log

下記のようなメッセージが表示されている。

[Mon Aug 08 19:17:11.386399 2017] [:error] [pid 4449] ModSecurity: ModSecurity requires mod_unique_id to be installed.

mod_unique_id“がインストールされていないようだ。

ファイルの存在確認。

$ ls -l /etc/httpd/modules/mod_unique_id.so
-rwxr-xr-x 1 root root 10224 Aug  3 03:03 /etc/httpd/modules/mod_unique_id.so
$

インストールはされている様子。設定ファイルを確認する。

下記ファイルに記載されていた。

/etc/httpd/conf.modules.d/00-base.conf

ただしコメントアウトされていた。

# LoadModule unique_id_module modules/mod_unique_id.so

今回は特に問題がない気がするので、この行をコメントインして終了とする。

`httpd`を再起動して前述のエラーメッセージは出力されなくなった。

以上。

aclocal is missing

表題のエラーが出て`make`できなかった。

■ 環境

  • Amazon Linux

■ aclocal

ModSecurity-2.9.2“をmakeしようとしたところ下記のようなエラーが出た。

$ make
CDPATH="${ZSH_VERSION+.}:" && cd . && /bin/sh /usr/local/src/modsecurity-2.9.2/build/missing aclocal-1.15 -I build
/usr/local/src/modsecurity-2.9.2/build/missing: line 81: aclocal-1.15: command not found
WARNING: 'aclocal-1.15' is missing on your system.
         You should only need it if you modified 'acinclude.m4' or
         'configure.ac' or m4 files included by 'configure.ac'.
         The 'aclocal' program is part of the GNU Automake package:
         <http://www.gnu.org/software/automake>
         It also requires GNU Autoconf, GNU m4 and Perl in order to run:
         <http://www.gnu.org/software/autoconf>
         <http://www.gnu.org/software/m4/>
         <http://www.perl.org/>
make: *** [aclocal.m4] Error 127
$

`aclocal`とは?`yum search`でも検索に引っかからないのでどうしたものかを見たが、どうやら”automake“に含まれているようだ。

$ sudo yum install automake

automake“をインストールしたところ、`aclocal`がインストールされた。これによって上記の”ModSecurity-2.9.2“も`make`できた。

$ which aclocal
/usr/bin/aclocal
$ rpm -qf /usr/bin/aclocal
automake-1.13.4-3.15.amzn1.noarch
$

以上。