H2O install @CentOS6

表題の通り。とりあえず触ってみたかったのでインストールしてみることにした。

■ 環境

  • H2O 2.2.2
  • CentOS 6.9

■ RPM

Install – H2O – the optimized HTTP/2 server
https://h2o.examp1e.net/install.html

上記の「Installing a Binary Package > RPM (Fedora, RHEL/CentOS, OpenSUSE)」を参照すると「How to use prebuild RPM」とあったのでこれを使わせてもらうことにする。

h2o.repo“を用意した。編集はせずにそのまま利用する。

$ cat /etc/yum.repos.d/h2o.repo
#bintray-tatsushid-h2o-rpm - packages by tatsushid from Bintray
[bintray-tatsushid-h2o-rpm]
name=bintray-tatsushid-h2o-rpm
#If your system is CentOS
baseurl=https://dl.bintray.com/tatsushid/h2o-rpm/centos/$releasever/$basearch/
#If your system is Fedora
#baseurl=https://dl.bintray.com/tatsushid/h2o-rpm/fedora/$releasever/$basearch/
gpgcheck=0
repo_gpgcheck=0
enabled=1
$

あとは`yum`コマンドでインストールするだけである。

$ sudo yum update
$ sudo yum install h2o

起動。

$ sudo service h2o start
Starting h2o: start_server (pid:10794) starting now...
                                           [  OK  ]
$

プロセス、portも開いているので軽く確認。

$ curl localhost
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>Welcome to H2O</title>
  </head>
  <body>
    <p>Welcome to H2O - an optimized HTTP server</p>
    <p>It works!</p>
  </body>
</html>
$

そもそもH2Oを使ってみたかったのはHTTP/2でのproxyをさせたかったから。ちょっといろいろ触ってみようかと思う。

以上。

SRPMを取得

表題の通り。SRPMを取得したい。

■ 環境

  • CentOS 6.9

■ yumdownloader

`yumdownloader`コマンドで取得することができる。まずはパッケージが入っているか確認から。

$ sudo yum list yum-utils
  :
Installed Packages
yum-utils.noarch     1.1.30-40.el6    @anaconda-CentOS-201703281317.x86_64/6.9
$

この環境では”yum-utils“パッケージがインストールされていたので`yumdownloader`コマンドもインストール済みである。

$ which yumdownloader
/usr/bin/yumdownloader
$

では、SRPMを取得する。

$ yumdownloader --source nginx

上記でダウンロードできたのだが、これはepelレポジトリからのダウンロードからであった。下記ファイルを見てみると”epel-source“のレポジトリが有効であった。

$ cat /etc/yum.repos.d/epel.repo
  :
[epel-source]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch - Source
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/SRPMS
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-source-6&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
gpgcheck=1
$

CentOS-Base.repo“ではソースを取得するレポジトリは有効になっていない、そもそも記載されていないので追記する必要がある。

$ cat /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
  :
[base-source]
name=CentOS-$full_releasever - Base source
baseurl=http://vault.centos.org/6.9/os/Source/
gpgcheck=1
gpgkey=http://vault.centos.org//RPM-GPG-KEY-CentOS-6
priority=1
enabled=1

[updates-source]
name=CentOS-$full_releasever - Updates Source
baseurl=http://vault.centos.org/6.9/updates/Source/
gpgcheck=1
gpgkey=http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
priority=1
enabled=1
$

これでhttpdのSRPMも取得することはできた。

以上。

centos/6 on Vagrant

Vagrantにおいて表題のboxがいつの間にか存在していたようだ。

■ 環境

  • Vagrant 1.9.7
  • Mac OSX El Capitan

■ vagrant

以前は、公式のboxは7系しかないと思っていたのだが、現在は6系も公式で配布されているようだ。

Vagrant box centos/6 – Vagrant Cloud
https://app.vagrantup.com/centos/boxes/6

$ vagrant box add centos/6

一覧。

$ vagrant box list
bento/centos-6.7 (virtualbox, 2.2.7)
centos/6         (virtualbox, 1707.01)
centos/7         (virtualbox, 1707.01)
  :
$

今まではDownload数が多いboxを利用させてもらっていたのだが、今後6系を使う時はこれを使用するようにしていこう。

以上。

■ 関連

upgradeしたらエラー