ssh-agentの登録鍵一覧

表題の通り。単なるメモ。

■ 環境

  • Mac OSX El Capitan

■ ssh-add

踏み台を経由して別サーバにアクセスをするようにしている。その際、鍵を`ssh-agent`に登録している。登録している鍵の一覧を取得するには下記である。

$ ssh-add -l
2048 SHA256:XXXXXX...XXXXXXX /Users/withsin/.ssh/example.pem (RSA)
$

鍵を削除するには`-d`をつければ良いらしいのだが下記のように削除ができない。

$ ssh-add -d /Users/withsin/.ssh/example.pem
Bad key file /Users/withsin/.ssh/example.pem: No such file or directory
$

ファイルは確かにあるのであるが…。

$ ls -l /Users/withsin/.ssh/example.pem
-rw-------@ 1 withsin  staff  1696  8  1  2016 /Users/withsin/.ssh/example.pem
$

仕方ないので全消しをやってみる。

$ ssh-add -D
All identities removed.
$
$ ssh-add -l
The agent has no identities.
$

以上。

Evernoteのキーバインド

知らなかったのでちょっとメモ。

■ 環境

  • Evernote
  • Mac OSX El Capitan

■ Evernote

MacではEvernoteのアプリを使って、いろいろ作業履歴を残したりメモを書いたりしている。

普段のカーソル移動は矢印で移動していたり、行頭には「command + ←」、行末には「command + →」で移動していた。しかしふと癖で`vi`等で使用しているキーバインドで押したら移動できたのにびっくりしてしまった。移動できたのは下記。

  • 上の行: 「control + P」
  • 下の行: 「control + N」
  • 次の文字: 「control + F」
  • 前の文字: 「control + B」
  • 行頭: 「control + A」
  • 行末: 「control + E」
  • カーソル行をウィンドウの中央に表示: 「control + L」

他にもあるんだろう。

Posted in: Mac | Tagged:

base64 encode/decode

Macにおいて表題を実施する。

■ 環境

  • Mac OSX El Capitan

■ base64

Macには`base64`コマンドが存在する。

$ which base64
/usr/bin/base64
$
$ base64 --help
Usage:    base64 [-dhvD] [-b num] [-i in_file] [-o out_file]
  -h, --help     display this message
  -D, --decode   decodes input
  -b, --break    break encoded string into num character lines
  -i, --input    input file (default: "-" for stdin)
  -o, --output   output file (default: "-" for stdout)
$

■ encode

文字列”withsin“を”encode“してみる。

$ echo -n "withsin" | base64
d2l0aHNpbg==
$

■ decode

前述の”encode“で取得できた文字列を”decode“する。

$ echo "d2l0aHNpbg==" | base64 -D
withsin$

最後の改行を”encode“時に含んでいないので、”decode“は改行されなかった。

以上。

httpie

表題を知ったのでメモ書き。

■ 環境

  • HTTPie 0.9.9
  • Homebrew
  • Mac OSX El Capitan

■ httpie

`brew`でインストールする。

$ brew update
$ brew install httpie

python3“に依存しているようである。

$ brew list httpie
/usr/local/Cellar/httpie/0.9.9/bin/http
/usr/local/Cellar/httpie/0.9.9/libexec/bin/ (16 files)
/usr/local/Cellar/httpie/0.9.9/libexec/lib/ (790 files)
/usr/local/Cellar/httpie/0.9.9/libexec/ (2 files)
$
$ which http
/usr/local/bin/http
$

コマンドは`http`がインストールされている。

$ http httpie.org
HTTP/1.1 301 Moved Permanently
CF-RAY: 36d9e671b1842e45-NRT
Cache-Control: max-age=3600
Connection: keep-alive
Date: Mon, 12 Jun 2017 09:59:55 GMT
Expires: Mon, 12 Jun 2017 10:59:55 GMT
Location: https://httpie.org/
Server: cloudflare-nginx
Transfer-Encoding: chunked

$

シンタックスハイライトされていて見やすい。上記はドキュメントままのサンプルであるが、自身が管理しているサイトに対して実行したところ、HTMLもシンタックスハイライトされていてとても見やすかった。

以上。

Excel@Macでグラフを挿入できない

表題の通り。何がトリガーになったのかはわからないがグラフを挿入できなくなってしまった。

■ 環境

  • Microsoft Excel for Mac
  • Mac OSX El Capitan

■ Excel

いつのまにか下記のように挿入タブ(リボン?)のグラフの選択ができない。

ファイルの保護“かと思ったのだがどうやらそうでもない。調べてみると”control + 6“で解除できる。

オブジェクトの表示/非表示“だそうだ。

以上。