音声入力を無効

Macにおいて表題の通り。

■ 環境

  • Mac OSX El Capitan

■ 音声入力

たまに間違えて”fn“キーを2回押してしまうことがある。下記のように音声入力をオンにしても良いかと聞かれるのをいつも「今はしない」で逃げている。

これをそもそも無効にしたい。

アップルマーク > システム環境設定 > 音声入力と読み上げ > 音声入力 > ショートカット

デフォルトでは「Fn(ファンクション)キーを2回押す」になっているので、これを「」にしてしまう。

これで煩わしいことが一つ減った。

以上。

Posted in: Mac | Tagged:

デスクトップの表示オプション

Macにおいて知らなかったのでメモ。

■ 環境

  • Mac OSX El Capitan

■ 表示オプション

デスクトップで右クリックをすると、下図のようなデスクトップの表示オプションが表示される。

アイコンのサイズやグリッドの間隔、文字の大きさ等を変えられる。自身の場合は上図のように設定してみた。デスクトップは作業中の一時的な場として使用しているので、普段からそれほど使用していないのだが、新たにファイルを置いたりした場合にグリッドからズレているので「整頓」したりしなければいけないのが面倒であったのだが、この「表示順序: グリッドに沿う」を選択したら幸せになれた。

以上。

Posted in: Mac | Tagged:

iTerm2で複数行貼り付け時に警告

表題の通り。

■ 環境

  • iTerm2
  • Mac OSX El Capitan

■ Warn Before Multi-Line Paste

上部メニューから下記。

Edit > Paste Special

ここに3つの項目がある。

  • Warn Before Multi-Line Paste
  • Limit Multi-Line Paster Warning to Shell Prompt
  • Warn Before Pasting One Line Ending in a Newline at a Shell Prompt

自身では今まで変更した記憶はないので、デフォルト設定と思われるが下2項目についてチェックが付いていた。2つ目の項目はグレーになっていたので有効ではないのかもしれない。これを1つ目と3つ目の項目のみに変更した。これで下記のように複数行を貼り付けるときにはいつでも警告が出るようになった。

以上。

Posted in: Mac | Tagged:

Macのバッテリーへたり具合

表題の件について。

■ 環境

  • Mac OSX El Capitan

■ ioreg

下記のコマンドで取得できるらしい。

$ ioreg -c AppleSmartBattery | grep -i Capacity
  | |   "MaxCapacity" = 8710
  | |   "CurrentCapacity" = 8681
  | |   "LegacyBatteryInfo" = {"Amperage"=0,"Flags"=5,"Capacity"=8710,"Current"=8681,"Voltage"=12582,"Cycle Count"=28}
  | |   "DesignCapacity" = 8440
$
  • MaxCapacity: バッテリーの最大容量
  • CurrentCapacity: 現在のバッテリー残量
  • DesignCapacity: 製品出荷時のバッテリー最大容量

上記のようなのであるが、自身の出力結果を確認するに”DesignCapacity“よりも”MaxCapacity“の方が多いのはどういうことであろうか。製品出荷時よりバッテリーが大きくなる事なんてあるのだろうか…。

とりあえずこれでバッテリーのへたり具合がどれほどなのかの把握ができそうである。

以上。

Posted in: Mac | Tagged:

Broadcast Input to All Panes in Current Tab

iTerm2において表題の機能について。

■ 環境

  • iTerm2
  • Mac OSX El Capitan

■ Broadcast Input

日頃、iTerm2でTabとPaneを多用している。複数の接続先に対して同じ処理を行いたい場合にこの機能が便利である。

Shell > Broadcast Input

モード(?)は4つある。

  • Send Input to Current Session Only
  • Broadcast Input to All Panes in All Tabs
  • Broadcast Input to All Panes in Current Tab
  • Toggle Broadcast Input to Current Session

上から下記のようなイメージでいる。

  • 現在選択中の1つのPaneだけに入力
  • 全てのTabの全てのPaneに入力
  • 現在選択中のTabにある全てのPaneに入力
  • 現在選択中のPaneを対象にする → Tabの中でもPaneを選択することが可能

自身が使用しているのは、デフォルトである”Send Input to Current Session Only“と”Broadcast Input to All Panes in Current Tab“である。主に横に並べて同じファイルを`tail`したり、コマンドの結果を確認したりという使い方のみである。

使ってみると結構便利なので、冗長化している2台で同じことを実施したい場合によく使用するようになった。

以上。