upgradeしたらエラー

Vagrantにおいて表題の通り。

■ 環境

  • Vagrant 1.7.5, 1.7.7
  • Mac OSX El Capitan

■ vagrant

versionを確認したところ、新しいのが出ているようであった。

$ vagrant version
Installed Version: 1.9.5
Latest Version: 1.9.7

To upgrade to the latest version, visit the downloads page and
download and install the latest version of Vagrant from the URL
below:

  https://www.vagrantup.com/downloads.html

If you're curious what changed in the latest release, view the
CHANGELOG below:

  https://github.com/mitchellh/vagrant/blob/v1.9.7/CHANGELOG.md
$

upgradeした。再度versionを確認したところ下記のようであった。

$ vagrant version
Vagrant failed to initialize at a very early stage:

The plugins failed to initialize correctly. This may be due to manual
modifications made within the Vagrant home directory. Vagrant can
attempt to automatically correct this issue by running:

  vagrant plugin repair

If Vagrant was recently updated, this error may be due to incompatible
versions of dependencies. To fix this problem please remove and re-install
all plugins. Vagrant can attempt to do this automatically by running:

  vagrant plugin expunge --reinstall

Error message given during initialization: Unable to resolve dependency: user requested 'vagrant-vbguest (> 0)'
$

使用しているプラグイン”vagrant-vbguest“がどうやらダメだったようだ。出力されたメッセージにあるとおり実行してみる。

$ vagrant plugin repair
Repairing currently installed plugins. This may take a few minutes...
Fetching: vagrant-share-1.1.9.gem (100%)
Fetching: micromachine-2.0.0.gem (100%)
Fetching: vagrant-vbguest-0.14.2.gem (100%)
Installed plugins successfully repaired!
$

再度versionを確認。

$ vagrant version
Installed Version: 1.9.7
Latest Version: 1.9.7

You're running an up-to-date version of Vagrant!
$

これで問題ないであろう。

以上。

dig mx

表題の通り。MXレコードを知りたい。

■ 環境

  • Linux
  • Mac OSX El Capitan

■ dig

Aレコードを知りたい時は下記のようにしている。

$ dig www.example.com

MXレコードはこの結果では得られない。

$ dig www.example.com mx

上記のようにMXレコードを明示的に指定しなければならない。”+short“ももちろん使用可能である。

以上。

■ 関連

dig +short

open

Macにおいて表題のコマンド。知らなかったのでメモ。

■ 環境

  • Mac OSX El Capitan

■ open

普段はターミナルを使って作業をしているのだが、たまにこのディレクトリ(フォルダ)を開きたいな…という時がある。そんな時に使用する。

$ open .

`open`の引数にはディレクトリのpathを渡すので、別に下記のように”/tmp“でも開ける。

$ open /tmp

これで対象のディレクトリがFinderで開かれる。

以上。

go install @Mac

表題の通り。

■ 環境

  • go 1.8.3
  • Homebrew
  • Mac OSX El Capitan

■ go

まずは`brew`でインストールできるのか確認。

$ brew update
$ brew search go
  :
go
go-gui
go@1.4
go@1.5
go@1.6
go@1.7
  :

どうやら”go“で良さそうな気がするのでさらに確認。

$ brew info go
go: stable 1.8.3 (bottled), devel 1.9rc1, HEAD
Open source programming language to build simple/reliable/efficient software
https://golang.org
Not installed
From: https://github.com/Homebrew/homebrew-core/blob/master/Formula/go.rb
  :
$

これで問題なさそうである。ブラウザでも見てみる。

$ brew home go

ブラウザで開いたページに、”go“のマスコット(?)がいれば問題ないであろう。

インストールする。

$ brew install go

インストール後に確認。

$ which go
/usr/local/bin/go
$
$ go version
go version go1.8.3 darwin/amd64
$

以上。

ansible_os_family/ansible_pkg_mgr

Ansibleにおいて表題の件について。

■ 環境

  • Ansible 2.3.1.0

■ ansible -m setup

$ ansible [対象] -m setup

このコマンドで”gather_facts“で収集している情報がどういうものか取得できる。

自信が”task“の中でよく使用する表題の項目についても下記のように取得できている。

CentOSの場合

$ ansible host1 -m setup
  :
        "ansible_lsb": {
            "codename": "Final",
            "description": "CentOS release 6.9 (Final)",
            "id": "CentOS",
            "major_release": "6",
            "release": "6.9"
        },
  :
        "ansible_os_family": "RedHat",
        "ansible_pkg_mgr": "yum",
  :
$

Ubuntuの場合

$ ansible host2 -m setup
  :
        "ansible_lsb": {
            "codename": "xenial",
            "description": "Ubuntu 16.04.2 LTS",
            "id": "Ubuntu",
            "major_release": "16",
            "release": "16.04"
        },
  :
        "ansible_os_family": "Debian",
        "ansible_pkg_mgr": "apt",
  :
$

以上。