git statusのコンパクト表記

表題を知らなかったのでメモ。

■ 環境

  • git

■ –short

そのまま。短表記である。

$ git status --short
M path/to/example.py
 M path/to/example2.py
  :

これで十分だな。

■ –branch

1行目の”##“で始まる行にブランチ名を表示してくれる。

$ git status --branch --short
## master...origin/master
 M path/to/example.py
 M path/to/example2.py
  :

ここら辺に記載されていた。

Git – git-status Documentation
https://git-scm.com/docs/git-status

結果、下記で実行することにした。

$ git status -sb

以上。

Posted in: Git | Tagged:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA