zipファイルを解凍後に削除

Macにおいて表題の通り。仕事でzipファイルを受領することが多いのだが、解凍後にzipファイルを削除するのが面倒である。という時に設定で自動的に削除されるということを知ったのでメモしておく。

■ 環境

  • Mac OSX El Capitan

■ zip

デフォルトでは、zipファイルを展開するのは”アーカイブユーティリティ“である。まずは”アーカイブユーティリティ“を開く。

command + space

Spotlight検索“を開き、”アーカイブユーティリティ“と途中まで入力して”Enter“。画面上部のメニューバーに”アーカイブユーティリティ“となっていれば問題ない。この状態で下記にて設定画面を開く。

command + ,

展開後“の項目にて”アーカイブをゴミ箱に入れる“を選択する。

これでダウンロードしたファイルをダブルクリックで展開する時や、Chrome等のブラウザから直接展開する時に、展開後にはzipファイルが削除される。

以上。

Posted in: Mac | Tagged:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA