Chrony on Amazon Linux

表題の通り。先日の”Amazon Time Sync Service“の続き。

■ 環境

  • Chrony 3.2
  • Amazon Linux
  • AWS EC2

■ Amazon Time Sync Service

先日は”Chrony“をUbuntuで入れた。今回はAmazonLinuxでやってみる。

$ ps -ef | grep ntp
ntp       2571     1  0 Nov18 ?        00:00:01 ntpd -u ntp:ntp -p /var/run/ntpd.pid -g
$

`ntp`が動いているのでこれを停止する。

$ sudo service ntpd stop

chronyをインストール。

$ sudo yum install chrony
Loaded plugins: priorities, update-motd, upgrade-helper
amzn-main                                                                                                       | 2.1 kB  00:00:00
amzn-updates                                                                                                    | 2.5 kB  00:00:00
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package chrony.x86_64 0:3.2-1.22.amzn1 will be installed
--> Processing Dependency: libseccomp.so.2()(64bit) for package: chrony-3.2-1.22.amzn1.x86_64
--> Running transaction check
---> Package libseccomp.x86_64 0:2.3.1-2.4.amzn1 will be installed
--> Processing Conflict: chrony-3.2-1.22.amzn1.x86_64 conflicts ntp
--> Finished Dependency Resolution
Error: chrony conflicts with ntp-4.2.6p5-44.34.amzn1.x86_64
 You could try using --skip-broken to work around the problem
 You could try running: rpm -Va --nofiles --nodigest
$

`ntp`とconflictしていると怒られた。というわけで`ntp`の削除を実施してから再度実行する。

$ sudo yum remove ntp
 :
$ sudo yum install chrony

あとは前回と同じように設定を入れ込む。

server 169.254.169.123 prefer iburst

設定ファイルはUbuntuの時とは違い、下記にあった。

/etc/chrony.conf

またサービス名もUbuntuの時は”chrony“であったが、こちらでは”chronyd“であった。ansibleのplaybookにする時等はいつものように注意が必要だ。

$ sudo service chronyd start

以上。

■ 関連

Amazon Time Sync Service

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.