swapファイルを無効にする

`vim`において表題の通り。

■ 環境

  • Vim 7.3
  • Mac OSX El Capitan

■ noswapfile

~/.vimrc“に下記を追記する。

set noswapfile

swapファイル自体は、`vim`での編集中に強制的に終了されたりエラーが発生した場合等に、編集途中の状態でも復旧できる可能性がある、、というものである認識であるが、そもそもそういったことが起こったことがない。また頻繁に保存する習慣があれば特に必要を感じない。よって無効化することにした。

現状では不便を感じたことがない。

以上。

Posted in: Vim | Tagged:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.