H2O install @CentOS6

表題の通り。とりあえず触ってみたかったのでインストールしてみることにした。

■ 環境

  • H2O 2.2.2
  • CentOS 6.9

■ RPM

Install – H2O – the optimized HTTP/2 server
https://h2o.examp1e.net/install.html

上記の「Installing a Binary Package > RPM (Fedora, RHEL/CentOS, OpenSUSE)」を参照すると「How to use prebuild RPM」とあったのでこれを使わせてもらうことにする。

h2o.repo“を用意した。編集はせずにそのまま利用する。

$ cat /etc/yum.repos.d/h2o.repo
#bintray-tatsushid-h2o-rpm - packages by tatsushid from Bintray
[bintray-tatsushid-h2o-rpm]
name=bintray-tatsushid-h2o-rpm
#If your system is CentOS
baseurl=https://dl.bintray.com/tatsushid/h2o-rpm/centos/$releasever/$basearch/
#If your system is Fedora
#baseurl=https://dl.bintray.com/tatsushid/h2o-rpm/fedora/$releasever/$basearch/
gpgcheck=0
repo_gpgcheck=0
enabled=1
$

あとは`yum`コマンドでインストールするだけである。

$ sudo yum update
$ sudo yum install h2o

起動。

$ sudo service h2o start
Starting h2o: start_server (pid:10794) starting now...
                                           [  OK  ]
$

プロセス、portも開いているので軽く確認。

$ curl localhost
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>Welcome to H2O</title>
  </head>
  <body>
    <p>Welcome to H2O - an optimized HTTP server</p>
    <p>It works!</p>
  </body>
</html>
$

そもそもH2Oを使ってみたかったのはHTTP/2でのproxyをさせたかったから。ちょっといろいろ触ってみようかと思う。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA