VirtualBoxのポートフォワード

表題の通り。VirtualBoxの画面を使うと作業がしづらいので、ターミナルでアクセスできるようにポートフォワードを設定する。

■ 環境

  • Alpine Linux 3.3.3
  • VirtualBox
  • Mac OSX El Capitan

■ Alpine Linux

起動時のメッセージにも下記のように出力されているが、sshdは起動している。

alpine-ssh-001

sshdの設定を確認すると、rootでのログインが許可されていないようなので、下記を編集してrootでのログインを許可した。

$ vi /etc/ssh/sshd_config

設定項目は下記。

PermitRootLogin yes

sshdを再起動する。

$ service sshd restart

続いてVirtualBoxのポートフォワードの設定を行う。

■ VirtualBox

AlpineのVMのネットワーク設定を開く。

「設定」>「ネットワーク」>「アダプター1」

alpine-ssh-002

よく使われる”2222“は`vagrant`で使っていたりするので、ここでは”22222“をVMの”22“ポートへフォワードすることにした。

alpine-ssh-003

あとは使い慣れているターミナルソフトでログインするだけである。

$ ssh -l root -p 22222 localhost
root@localhost's password:
Welcome to Alpine!

The Alpine Wiki contains a large amount of how-to guides and general
information about administrating Alpine systems.
See <http://wiki.alpinelinux.org>.

You can setup the system with the command: setup-alpine

You may change this message by editing /etc/motd.

localhost:~#

ちなみに、”root“のパスワードを設定した時に”Bad Password: too short“と出ているパスワードではログインができないので`passwd`コマンドでそれなりのパスワードに設定しておかなければならない。

以上。

■ 関連

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA