“地図を表示”のMapOption

Google Maps JavaScript APIにおいて、先日のエントリに使用した”MapOption“を確認。

■ 環境

  • Google Maps JavaScript API v3

■ コード

使用したJavaScriptのコードは下記の通り。

var map;
function initMap() {
  map = new google.maps.Map(document.getElementById('map'), {
    center: {lat: -34.397, lng: 150.644},
    zoom: 8
  });
}

MapObjectに渡しているOptionは下記2つ。

  • center
  • zoom

リファレンスを見る限り、この2つが必須オプションのようである。

https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/3.exp/reference#MapOptions

■ center

緯度経度なので、存在する所であればどこでも良いだろう。

■ zoom

数値を指定する。”0“から”21“まであるようである。

■ 実践

下記に、東京駅の緯度(35.681382)経度(139.766084)を使用してやってみる。

zoom: 0

zoom: 12

zoom: 15

zoom: 21

感覚的には”15“くらいが妥当といった所だろうか。

以上。

■ 関連

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA