Google APIキーを作成

JavaScriptで表題をやりたいので調べる。まずはAPIキーが必要ということなので作成について。

■ APIキー

Googleのアカウントは普段利用しているものをそのまま使用する。自身の場合は”withsin“である。このアカウントでログインした状態で下記にアクセス。

dev-console-001

Google Developers Console
https://console.developers.google.com/start

上部メニューの『プロジェクトを選択して…』から『プロジェクトの作成…』を選択する。

dev-console-002

新しいプロジェクト』にて、『プロジェクト名』は”Maps API“で地図を触りたいので『maps-withsin』とした。

dev-console-003

作成』を押した後、少し待っているとプロジェクトのダッシュボードが表示された。

dev-console-004

Google APIを利用する』をクリックして進める。

dev-console-005

今回やりたいのはJavaScriptでの『Google Maps』なので、『Google Maps JavaScript API』を選択。

dev-console-006

APIを有効にする』を押す。

dev-console-007

少し待つと下記画面になった。『認証情報』というのが『APIキー』なのであろう。『認証情報に進む』を押す。

dev-console-008

認証情報を追加』を押す。

dev-console-009

APIキー』を選択する。

dev-console-010

今回はブラウザで地図を表示するのに使用したいので『ブラウザキー』を選択する。

dev-console-011

管理用の名前には、このブログで使用したいので『tech.withsin.net』としている。『HTTPリファラー』には『tech.withsin.net/*』と入れるのが良いのだろうが、まだテスト段階なので動作確認が終わった後で入力することにする。ということで『作成』。

dev-console-012

これで『APIキー』が作成された。

次回はこれを使用して地図を触ってみる。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA