curlでOracleJDKをダンロード

表題の通り。ブラウザでローカルにダウンロードし、それをインストールしたいサーバにアップロード、という手順を簡略できる。

■ 環境

  • curl
  • Linux

■ curl

OracleJDKを`curl`もしくは`wget`でダウンロードするには、下記を調べる必要がある。

  • OracleJDKのダウンロードURL

これにはOracleJDKのversionだけでなく、ビルド番号?と思わしき数値も入っているので、実際にOracleのダウンロードページを確認するのが良い。

下記のようなURLを取得する。

http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/8u60-b27/jdk-8u60-linux-x64.rpm

8u60“がOracleJDKのversionであり、”b27“がビルド番号と思わしきモノ。後は、ブラウザであれば『Accept License Agreement』のチェックボックスに相当するCookieを指定すれば良い。具体的には下記の`curl`のコマンドで可能である。

$ curl -L -O -b "oraclelicense=accept-securebackup-cookie" http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/8u60-b27/jdk-8u60-linux-x64.rpm

Cookieを指定すれば`wget`でもダウンロード可能だ。

これでDockerfileやVagrantfileでもOracleJDKのインストールが容易になる。

以上。

■ 関連

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA