AmazonLinuxにDockerをインストール

表題の通り。EC2環境にDockerをインストールしたメモ。

■ 環境

  • EC2
  • AmazonLinux
  • Docker 1.6.2

■ 理由

Elastic BeanstalkやECSが出てきているのに、EC2にDockerをインストールしたのはDockerfileのビルド環境が欲しかったから。当初は下記環境で自作のDockerfileを何度もビルドしたりしていた。

Mac > Vagrant > VirtualBox > CentOS > Docker

しかし、何度もビルドしているのが原因か、複数種類のDockerfileをビルドしているのが原因か、ビルドをしているVMが固まるようになってしまった。

いつも特定の場所でVMが固まるので、Dockerfileの書き方が原因かと思いいろいろ変更したが、発生場所が変わるだけで改善せず。メモリやCPUといったリソースが足りないのかと思い、Vagrantfileで割当のメモリ・CPUを増やしても状況は改善されず。結果、ローカルマシンでのビルドを諦める事にし、EC2でビルドすることにした。

■ インストール

EC2ではlargeインスタンスで起動し、下記を参照してDockerをインストールした。

http://docs.aws.amazon.com/AmazonECS/latest/developerguide/docker-basics.html

$ sudo yum update
$ sudo yum install docker
$ sudo service docker start

ユーザのグループも追加。

$ sudo usermod -aG docker ec2-user
$ id
uid=500(ec2-user) gid=500(ec2-user) groups=500(ec2-user),10(wheel)
$

再度ログインしなおして、Dockerのversionを確認。

$ docker version
Client version: 1.6.2
Client API version: 1.18
Go version (client): go1.3.3
Git commit (client): 7c8fca2/1.6.2
OS/Arch (client): linux/amd64
Server version: 1.6.2
Server API version: 1.18
Go version (server): go1.3.3
Git commit (server): 7c8fca2/1.6.2
OS/Arch (server): linux/amd64

まったく同じDockerfileでも、この環境では固まる事は無かった。

以上。

■ 関連

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA